ハタ・ヨガ-Hatha Yoga-:ヨガの種類

ハタ・ヨガとは?

ハタ・ヨガ(hatha yoga)は、昔から伝わる伝統的なヨガです。世界的にヨガブームを巻き起こしたパワーヨガやホットヨガも、ハタ・ヨガをルーツにしていると言われています。

ハタは、サンスクリット語で太陽を意味する「ハ(ha)」と月を意味する「タ(tha)」の2つの言葉を組み合わせています。ヨガでは太陽を陽のエネルギー、月を陰のエネルギーと捉えます。プラスとマイナス、光と影のように全く正反対のエネルギーが人間にはあり、そのバランスを整え、流れを活性化させていきます。

ハタ・ヨガの歴史

もともとアーサナは、瞑想をするための準備段階であると考えられていました。そのため現在のようにさまざまなヨガのポーズがまとめられたのは、わりと最近と言われています。

体系的にまとめたのは、インドのヒンドゥー教聖者ゴーラクシャナータ(英語:Gorakshanath)とされます。
16世紀の「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー」において体系的に説かれました。

参考:wikipedia『ハタ・ヨーガ』

ハタ・ヨガをお勧めする理由

パワーヨガやホットヨガは、身体を強く動かしたり、高温多湿な環境でヨガをするので、体力のない方には苦しいことがあります。ハタ・ヨガでは身体を整える目的もあるので、高齢者や女性の方、初心者でも取り組みやすいヨガです。慣れてきたら、負荷の強いポーズを入れることもできるので、中級者・上級者でも取り組めます。

身体を動かすアーサナ、呼吸によって精神をコントロールするプラーナヤーマ、瞑想に取り組みます。ハタ・ヨガを続けると、身体を動かすことにより全身の流れが良くなり、悪いものが取り除かれて、健康が促進される効果があります。精神的にも落ち着くようになったり、気持ちが楽になったりもします。身体的・精神的にバランス良く高めるのがハタ・ヨガです。ヨガを初めてする方、ヨガを深く理解したいという方にもお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう