与えることで満たされる、有難いと感謝できる人生を歩む

人生は、行動の積み重ねでできています。だから、どのような行動をするかを考えなくてはいけません。行動を決める意思基準はあなたが持っており、その結果がいまのあなたを表しています。

もし現状に満足できていないなら、その意思基準を変えてみませんか?
自分だけ良ければいいという考えではいずれ苦しくなり、未来は先細ってしまいます。周りの人に与えることで、自分も満たされる生き方を歩んでみませんか?

目次

1.与えることで満たされる生き方とは

与えることとは、「してもらって嬉しいことをしてあげること」を意味しています。これは日本人にとって特別なことではないのかもしれません。思いやりという言葉が当たり前のように受け入れられ、周りの人を気遣う精神性が養われているからです。外国では意見をはっきりと伝える文化が育っているため、日本のように意図を察するのは不得手のようで、マジックみたいに見えるようですね。

与えることを意識すると、周りの人は感謝を返してくれるようになります。気遣いや配慮、労力を与えることで、有難うという言葉をもらうことができます。

2.与えることは損、という考えを捨てる

ですが、与えることを常に意識し続けることは難しいのです。与えたからといって、必ずしも返してくれるとは限りません。むしろ余計なお世話と受け取る人もいます。また与えたからには返して欲しくなるのが、人情というもの。損得勘定が働き、与えた分が返ってこないと、返して欲しいと願うようになります。

すると思いやりを返してくれない人には、思いやりを与えることをしなくなります。周りにいる大切な人だけに気遣いをするようになり、その他の人はあくまで他人なので与えることをしなくなります。

確かに、それもひとつの考えかもしれません。
ですが、停滞しているとも言えます。

その考えから人間関係が広がることはありませんし、感謝を受ける機会も少なくなっていくことでしょう。自分の世界はもっと広げることができますが、それはあなたが自分のために行ったことではなく、あなたが世の中のために行った時に、世の中がかたちを変えて返してくれるのです。

3.与える喜びを知ると、人は幸せになれる

人間が持つ心理のひとつに、「返報性の法則」と呼ばれるものがあります。人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くものです。

お返しのかたちは人それぞれ。
それはお金であったり、感謝の言葉であったり、出逢いであったり、神のみぞ知るところです。また巡り巡って、時を経たあとに還ってくることもあります。

これも不思議なもので、すぐに現れるものでもありません。
与えて与えて、それでも与えていると、ある時を境にいろんなところから意図もしないかたちで還ってくるのです。有難うとは、難が有ると書きます。簡単なことをしても、すぐに恵みは返ってこないと昔の人は知っていたのでしょうか。与えることを続けていると、有難いと心から感謝できる人生が待っています。

どんな人生でもあなたの人生です。
ただ与えることを意識すると、幸せがより深まっていくように思うのです。
そんな生き方、いいと思いませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう