魚のポーズ-Matsyasana-:ヨガのポーズ

ポーズ名:魚のポーズ
英語表記:Fish Pose
サンスクリット語:Matsyasana(マツィアーサナ)

魚のポーズは肩立ちのポーズ鋤のポーズと対称のポーズであり、肩立ちや鋤のポーズのあとに行わなければなりません。肩立ちや鋤では首から背中をストレッチしたので、魚のポーズでは背中を縮め、筋肉の伸縮のバランスを整えていきます。甲状腺と副甲状腺に最大限に働きかけることができるので、首と背中の神経をバランス良く調整する効果があります。

ヨガの効果・効能

  • ・胸をひろげ、呼吸の調整
  • ・肩こりの改善
  • ・猫背改善

注意点

首を痛める可能性があるため、頭に体重をのせすぎないこと。

魚のポーズ・手順

  1. 脚を伸ばし、両足をそろえて仰向けにやすむ。
    手のひらを下にして両手を腿の下に敷く。
  2. 肘で地面を押すようにして、息を吸いながら背中を弓なりにし、頭のてっぺんを床につけます。
    頭のてっぺんには体重をかけないようにし、肘でからだを支えるイメージで。
    この状態で深呼吸しながら、脚とお腹の下側はリラックスさせておく。

魚のポーズの解き方

  1. まず頭をあげてから静かに床に下ろし、それから腕をからだから放します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう