肩立ちのポーズ-Salamba Sarvangasana-:ヨガのポーズ

ポーズ名:肩立ちのポーズ
英語表記:The Shoulderstand
サンスクリット語:Salamba Sarvangasana(サルヴァンガサナ)

肩立ちのポーズは初心者でもバランスが取りやすい逆転のポーズ。
頭立ちのポーズと似ていますが、胴体を頭と直角に倒立させることで首と背中の上部をストレッチします。胸が圧迫されるので、少し息苦しいかもしれません。腹式呼吸に慣れると、楽に息をすることができるようになります。

ヨガの効果・効能

  • ・血液の循環をよくする
  • ・内臓機能の調整
  • ・倦怠感の改善
  • ・全身の筋肉強化

注意点

首を痛める可能性が高いポーズ。取り組む際には経験者のもとで行ってください。

肩立ちのポーズ・手順

  1. 床に寝て脚をそろえ、手は手のひらを下にして脇に置く。
    息を吸いながら両手で床を押して、両足をまっすぐ上にあげる。
  2. 尻を床からあげ、両脚が頭の上を通ってさらにうしろに行くように持ち上げ、約45度にする。
  3. 息を吐きながら、腕を曲げてからだを支えるが、この時手はなるべく肩近くにあてる。
    親指をからだの前側に、他の指は背中側に向ける。
    背中を押し上げ、両脚をあげる。
  4. 背骨をまっすぐにして、脚を垂直にする。
    顎をしっかり喉元に埋めるように。
    このポーズでゆっくりと呼吸しながら、徐々に両肘の間隔を狭めていき、背中にあてた手の位置を肩の方へずらして、胴体をまっすぐ立てる。
    この時脚には力を入れないこと。

肩立ちのポーズの解き方

  1. 肩立ちを終えるには両脚を頭の上45度までおろし、両手を手のひらを下にして後ろについてから、背骨を1個ずつ床につけていくつもりでゆっくりと上体を下ろしていく。
  2. 背中全体が床について両脚が床と直角になるまで、普通呼吸。
    それから息を吐きながら、膝を曲げずにゆっくりと両脚をおろす。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう