頭立ちのポーズ-Sirshasana-:ヨガのポーズ

ポーズ名:頭立ちのポーズ
英語表記:The Headstand
サンスクリット語:Sirshasana(シールシャーサナ)

頭立ちのポーズはアーサナの王と呼ばれ、心身にわたって極めて利点の多いポーズです。逆立ちになるので重力の影響から逃れ、心臓を休ませ、血行を良くし、腰にかかる圧力を取り除きます。

ヨガの効果・効能

  • ・血液の循環をよくする
  • ・内臓機能の調整
  • ・倦怠感の改善
  • ・眼精疲労の改善
  • ・全身の筋肉強化

注意点

高血圧・緑内障・網膜剥離がある人は、その症状がひどくなる可能性があるため避けましょう。
首を痛める可能性が高いポーズ。取り組む際には経験者のもとで行ってください。

頭立ちのポーズ・手順

  1. 肘をついて座り、前腕に体重をかける。
    手で両肘をつつむ。
  2. 肘から手を放して、前に持ってきて指を組む。
    ここで肘の位置を決める。
  3. 手のひらに後頭部がおさまるようにして、頭頂は床につける。
    両手、両肘でつくる三脚が、倒立したからだを支える安定した土台になる。
  4. 今度は膝をまっすぐ伸ばし、腰をあげる。
  5. 膝を曲げずに、できるだけ頭の近くまで両足で歩を進める。
    首が前後に傾かず、背骨を一直線に保つように腰を後ろに引いておく。
  6. 膝を曲げて胸に引きつけ、両足を床からあげる。この間、腰はうしろに引いておく。
    このまま休憩。
    すぐに膝を高く上げようとしないこと。
  7. 次に膝を曲げたまま、腹筋を使って膝を真上に引き上げる。
  8. ゆっくりと両膝を伸ばす。体重のほとんどを腕で受け止めることになる。
    ポーズを解くときは、5,6,7のステップを逆に行う。
    すぐに起き上がらずに子供のポーズで深呼吸しながら休む。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう