日頃から気持ちをリセットするためのヨガ

こんにちは、札幌メンズヨガ.comのモーリーです。
明けましておめでとうございます。

2015年も始まりました。
今年も頑張ろう!と、新しく気持ちを入れ替えたという人も多いのではでしょうか。僕自身もブログ更新を始めようと考えていますし、お正月はなにかを始めるには素晴らしいきっかけです。今年の目標がある人は、ぜひ一緒に挑戦していきましょう。

2015年の目標をたてる

さて皆さんはもう初詣には行きましたか?
初詣に行く時には神様に御願い事をするので、何をお願いしようか?と今年の目標を考えるきっかけとなります。ときになぜ初詣では神社にお願いをするのでしょうか?

初詣とは

初詣とは新年に初めて神社やお寺に参詣することを言います。
お正月に参詣する行事ができた起源は2つの諸説があり、ひとつは恵方参りを起源とするもの、もうひとつは年篭りを起源とするものです。

恵方参り

恵方参りとは自分の住まいから恵方にある神社にお参りをすることを言います。
恵方とは縁起の良い方角を意味しており、その方角は干支によって異なります。
2015年の干支は乙未(きのとひつじ)ですので、西南西の方角が恵方となります。

年篭り

次に年篭りですが、これは神道という宗教の行事になります。
神道は日本の宗教です。山や川などの自然や自然現象を敬い、八百万の神を見出す多神教。当主たちがその土地の氏神様を祭った神社にこもり、大晦日から元旦にかけて豊作や家内安全を祈願する行事のことです。どちらかというと、こちらのほうが色濃く残っているように思いますね。

神様に願い事をする時には穢れを祓う

神様に願い事をするにあたって、注意点がひとつあります。
それは穢れを祓うことです。

穢れとは体液や血液などの汚れや罪や病、死など精神的なものを指しています。神様は穢れを非常に嫌っていますので、自身が穢れていると神様が近寄りません。結果神様のご加護を受けることができなくなります。そのため神様と人間が接点となる神社に訪れるときには、聖域となる神社を穢さないために身を清めます。

年末には大掃除を行うと思いますが、床や棚などの見える場所の掃除を行うことに通じて、その人自身が抱えた見えない罪や穢れも払うことができると考えられていました。大掃除には1年間の厄や穢れを祓う、意味合いを持つ重要なものだったようです。

日頃から浄化するためにヨガをする

ヨガをすると、身体の動きや心の働きに意識を向けるようになります。仕事で疲れていたり、ストレスが溜まって苛々していたりしても、そんな自分に気づくことができるようになります。気づくことができれば自分を労わってあげることができます。

自分を癒すためには、気持ちをリセットしてあげると良いでしょう。そんな時にはヨガは最適です。身体の動きに意識を集中していると頭のなかにある雑念がどんどん取り払われて、とてもスッキリとした心地よさを味わうことができます。

こうした状態を「毒気が抜かれる」と表しています。
つまり心や身体を浄化したということ。浄化することを日頃の習慣に取り入れると、心地よい毎日を送ることができると思います。

ぜひヨガを取り入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう