ヨガコラム

ヨガを独学でやる注意点とリスクとは

ヨガを独学でやるのは辞めた方がいいと目にします。健康やダイエット目的で身体を動かすだけなら、エクササイズと変わらないため、独学でやっても特に問題ないでしょう。しかし瞑想を取り入れるなら、ヨガの先生に指導を受けた方がいいでしょう。独学でやる注意点とリスクをご説明します。

ヨガのポーズ

無理をしない!ヨガを続けるための3つのコツ

「ヨガが上達したいなら、毎日継続してやりましょう」 これはよく言われることです。 僕は以前まで成長することは、大きく変わることだと思っていました。劇的な変化を…

ヨガのポーズ

ねじりのポーズ-ardha matsyendrasana-:ヨガのポーズ

ねじりのポーズは、背骨を水平に回転させるポーズ。背骨を前後に柔軟させるポーズはたくさんありますが、背骨を柔軟にするには水平方向にねじる運動がかかせません。骨盤を矯正し、内臓機能にも刺激を与えるため、消化が促進される効果もあります。

ヨガのポーズ

弓のポーズ-Dhanurasana-:ヨガのポーズ

弓のポーズは弓を引く射手のように、両手と腕を使い上体と脚を引き上げて、弓なりのかたちを作ります。背筋をとても使うポーズで、背中や腰、太ももの筋肉強化や柔軟性を高める効果も。またお腹でバランスをとるため、内臓をマッサージして健康を保つ効果もあります。

ヨガのポーズ

究極のリラクゼーションと言われる「死体のポーズ」の効果とやり方

死体のポーズ(シャヴァーサナ: Savasana)はレッスンの最後に行うリラクゼーションのポーズ。カラダのひとつ一つから力を解放し、全身を脱力していきましょう。マットの上で仰向けになりリラックスするだけのポーズですが、意識がすっきりと透き通り感覚が鋭敏になる経験もしたこともあり、奥深いポーズです。

ヨガのポーズ

コブラのポーズ-Bhujangasana-:ヨガのポーズ

コブラのポーズは頭と胴体をうしろ向きに反らせ、コブラがかま首をもたげたような形になります。背骨に強い刺激を与えるので、周辺の筋肉を強化し、腹部の内臓器官をマッサージする効果があります。

ヨガのポーズ

前屈のポーズ-Paschimottanasana-:ヨガのポーズ

前屈のポーズは、太ももや下腹部などからだの前面を縮め、かかとから背中の上部までからだの背面を伸ばしていきます。前屈のポーズは内臓をマッサージするため、自律神経に働きかけ、ストレスの解消や精神的な落ち着きをもたらします。

ヨガのポーズ

橋のポーズ-Setu Bandhasana-:ヨガのポーズ

橋のポーズは、頭からつま先までで全身が完璧な橋のかたちになることを指しています。橋のポーズに入ったり解いたりすることによって、腹筋や背中の下の方の筋肉が強くなり、しなやかになります。

ヨガのポーズ

魚のポーズ-Matsyasana-:ヨガのポーズ

魚のポーズは、肩立ちや鋤のポーズと対称となるポーズ。肩立ちや鋤では首から背中をストレッチしたので、魚のポーズでは背中を縮め、筋肉の伸縮のバランスを整えていきます。

ヨガのポーズ

鋤のポーズ-Halasana-:ヨガのポーズ

鋤のポーズは手足を床につけて、からだ全体で原始的な鋤のかたちをつくるものです。肩立ちのポーズと同じように逆転のポーズ。お腹が強くマッサージされるため、内臓器官の循環が活発になります。