札幌メンズヨガ.com

札幌メンズヨガ.comは、ヨガに関する情報や考えを発信するブログです。『ヨガと日常をつなげて、意識を進化する』をコンセプトに、ヨガの教えをさまざまなシーンで活用していくことを目指しています。

人と向き合うこと、人と深く関わり合うこと、人とつながること

最近、人との関わり合いをよく考えます。半年ほど前から、コミュニケーションが苦手な人たちと関わるようになり、なおさらのこと。 コミュニケーションが苦手だからといって、悪い人かといえば、決してそうではありません。むしろ真面目 […]

【セミナー】ヨガ・インストラクターの為のWeb講座

ご飯を食べに行くときに、あなたはどうやってお店を探しますか? スマホを取り出して、ネットで調べると思います。 Webを使う使わないは、あなたの判断です。ただしネットで情報を調べるのが当たり前になった現在、まったく使わない […]

ヨガを独学でやる注意点とリスクとは

ヨガを独学でやるのは辞めた方がいいと目にします。健康やダイエット目的で身体を動かすだけなら、エクササイズと変わらないため、独学でやっても特に問題ないでしょう。しかし瞑想を取り入れるなら、ヨガの先生に指導を受けた方がいいでしょう。独学でやる注意点とリスクをご説明します。

ヨガのリトリートには、智慧がたくさん詰まっている

ヨガに関するワークショップやリトリートには様々なものがありますが、新しい何かを求めて学びに行くのだと思います。知識や資格、スキルの他にも、先生の教えに従うことによって、自分が見えていなかったり、想像していない世界まで連れて行ってくれることもあります。

余韻で感じるもの

物事には余韻を味わう瞬間があります。時間が経て残ったものが得られたものです。残ったものが心地よければ、良いものに触れたということ。しかしだるさや虚無感があるのなら、それは一時の欲望に流されたのかもしれません。良いものか悪いものかは、余韻で判断できるのです。

両手を合わせて祈りを捧げると、幸せな気持ちに包まれる

お金があれば、恋人がいれば、立派な家があればと幸福に条件を求めがちだけど、無条件に感じる幸福が最上だと思うのです。ご飯やお掃除、睡眠と些細な日常を整え、愛おしむように生きていると、瞬間が愛おしく思えるようになってくるのです。

感覚を鈍らせる!疲れがむしばむ弊害とは?

仕事でストレスが溜まって、疲れが蓄積されやすい世の中です。疲れをそのまま放置していると、感覚を鈍らせようとしたり、快感でごまかしたりしようとします。しかし、それは悪習につながってしまうことも。日々疲れを取り去ること、そして疲れを溜めないように意識してはいかがですか?

お師匠様から頂いた、ヨガインストラクターの関係性の築き方とは

ヨガのレッスンを始めてから少し経った頃、お師匠様がかけてくれた言葉があります。それは、レッスン内容よりも大切なこと。自分自身の在り方についてでした。一日二日で身につけられるものではありませんが、「いつまでも目の前の人と向き合いなさい」と背中を押していただいたような気がします。

瞑想用クッションを使うと、深い安らぎが得られる

瞑想とは、心と向き合う時間です。部屋の乱れは意識の乱れ。空間を整えることにより、自分自身も整えていきましょう。その道具の一つとして、瞑想クッションがあります。瞑想に使う道具を決めると、道具にも意識にも積み重ねられる経験値が宿るようになります。

親子関係を見つめ直し、人生の課題に気づく

子どもには親を救う力があります。命を授けてくれたこと、ここまで育ててくれたこと、その意味を書き換えることができるのです。そのためには、親に伝える言葉があります。親と向き合い、胸から溢れ出てくる思いを届けてみましょう。

ヨガがより楽しくなる『意識』の意味とは

「心の内側に意識を集中して」というように、『意識』という言葉がよく使われますが、意識とは一体なんでしょうか?ヨガでは意識をコントロールできるようになることで、より自由に、楽に生きることができるようになります。今回は意識について考えてみたいと思います。